沖縄そばの有名店『すーまぬめぇ』の駐車場はどこ!?人気メニューとその魅力!!

こんにちは、沖縄そば大好きmasaです。

今回は沖縄そば屋の中でも1、2を争うくらい大好きな「すーまぬめぇ」を紹介したいと思います。

すーまぬめぇは那覇市国場の住宅街の一角に佇む、沖縄の観光ガイドブックにならほとんど載っているというくらい、とても有名なお店。

わたしも何回か足を運んで、その美味しさに魅了された内の一人です。

ですがすーまぬめぇは住宅街の中にあるので、細道をかいくぐってお店を目指さなくてはならず、たどり着くのも一苦労です。

駐車場の場所もわかりづらいので、最初行った時はなかなか発見できずにとても苦労しました。

そういう経緯があり、

今回車でお店に向かうという方達向けに、お店と駐車場の場所をわかりやすく地図と写真を使って案内していきたいと思います。

そして「すーまぬめぇ」オススメのメニューも、合わせて紹介していきます。

『すーまぬめぇ』駐車場の場所

すーまぬめぇまでの行き方は様々ありますが、地図のように国場交差点から507号線(国場大通り)を330号線向けに進んで右に曲がるルートを推奨します。

引用元:google map

このルートだと507号線から右に曲がってそのまま直進すると、お店と駐車場に辿り着くので、迷子になりづらくわかりやすいです。

すーまぬめぇの駐車場は2ヶ所あり、507号線を曲がってすぐの駐車場①(10台駐車可能)と、奥の駐車場②(7台駐車可能)があります。

まずは駐車場①のルートから。

地図の通りに507号線(国場大通り)から右に入ってすぐの所に、すーまぬめぇの駐車場があります。

目印は「緑色の建物」「国場自治体の看板」があるので、その間の道に入ると覚えてください。

駐車場①の写真です。

建物側の左手に駐車スペースがあります。

どこでも停めていいのではなく、「すーまぬめえー」と記載されたプレートの前に駐車してください。

すーまぬめえぇだけでなく、別の会社さんと共同の駐車場になっているので、間違えないように必ずプレートを確認してくださいね。

次に駐車場②のルートを説明します。

地図の通りに507号線(国場大通り)から右に入って直進すると、すーまぬめぇの外観が見えてきます。

車でない方はそのままお店に向かい、車の方はそのまま更に直進します。

写真の通り右に行けばお店、直進すると駐車場ですね。

直進していくと三叉路に突き当たります。

写真でも確認できますが、オレンジのカーブミラーが目印です。

そこまで来たら、次に手前の道を左折します。

道幅がとても狭いので、対向車には十分ご注意ください。

左に曲がるとすぐに、すーまぬめぇの駐車場が見えます。

看板があるのですぐわかると思います。

写真が駐車場の様子です。

時間帯によっては満車の場合がありますのでお気をつけください。

オススメは開店後すぐの11時〜12時の間です。

今回は11時半頃に駐車場に着きましたが、駐車スペースに余裕があったので停めやすかったです。

駐車台数は上手くスペースにきっちり停めると7〜8台位いけそうですが、前のかたの駐車が雑だと、6台停めれるかどうかといったところでしょうか。

駐車場からお店までは1分かからないくらいの近さです。

店の外観とテラス席

お店の入り口から沖縄感満載!

緑が生い茂り赤い花が彩りよく、マイナスイオンが充満してそうです。

たくさんのシーサー達もお出迎えしてくれています。

入り口から入った右手にあるテラス席。

この時期はそこまで暑くなく、自然の風が身体中を通り抜けて、とても気持ち良さそうでした。

庭の植物を鑑賞しながら食べるそばは格別でしょうね!

まだ外で食べる機会がないので、いつかは食べてみたい!

反対側にもテラス席があります。

ここは植物に囲まれて入り口からも見えづらいので、さしずめ天然の半個室といったところでしょうか。

プライベート感があり、こっちの席の方がわたしの好みです。

お店の内部は沖縄の古民家

さぁ、いよいよ店内へ!

ドアからして昔の古民家そのもの。

ちらりとサイン色紙が飾られています。

中に入ると木の匂いがして、どこか懐かしい気持ちになりました。

写真はドアを開けてすぐのお席です。

額縁やら壺など興味深いものがずらり。

写真には写っていませんが、左側には仏壇もあったりと、「ザ・沖縄の古民家」という感じです。

美味しい沖縄そばを食べながら昔ながらの古民家を体験できるというのは、お得感満載ですね。

わたし達は奥のお座敷に案内されました。

写真は席からお店全体を撮った写真です。

よく見るとお子様用の小さな椅子がちらほらありますね。

テーブルの上には

お箸と調味料が並べられています。

『すーまぬめぇ』のメニュー

テーブルの上にあったメニューです。

色々とメニューがありますが、絶対頼むべきものは「すーまぬめぇスペシャルそば」!

三種のお肉(三枚肉、ソーキ、てびち)がいっぺんに味わえるので、頼まなきゃ損!損!です。

ただ人気メニューということで、夕方くらいには売り切れてしまうこともあるそうなので、お気をつけください。

今回は「すーまぬめぇスペシャルそば」と「ジューシー」、「いなり」を注文してみました。

「ジューシー」とは沖縄風の炊き込みご飯です。

人気メニューを実食

それでは実食!

今回頼んだものを並べるとこんな感じ。

そばの隣にある緑の葉っぱは「よもぎ」です。沖縄の方言で「フーチバー」と言います。

苦味がありますが、香りが良く無料でついているので、試しにスープに入れて味の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

早速スペシャルそばからいただきます。

三つのお肉達がドンっ!と麺の上にっている眺めは壮観ですね!

三枚肉はとても柔らかくお箸で簡単に切れちゃうほど。

名前の通り三層になっていて、一番上の茶色の部分が弾力があり、二層目がトロトロで三層目が硬さがあり噛みごたえがあります。

三つの食感を味わえて、三層目にしっかり味がついているので、美味しさのあまり気づいたらなくなっていました・・・(笑)

ソーキも味が染み込んでいて、柔らかくて美味しい!

てびちはトロトロ柔らかくて臭みが全くなく、とてもアッサリ目の味付けなので、豚足の豚臭さが苦手な方でも味わえる美味しさ!

そして肝心のスープですが、色は透明に近い色で、味は出汁がしかっり効いていて絶品!

麺はかなりの細麺で、3〜4mmという細さ。

普段は太麺が好きなわたしでも、ここの麺はとても食べやすく大好き!

そしてネギと細切りの生姜がシャキシャキで、麺とからみ美味しさ倍増!

素材の味を堪能したので、次にフーチバーを入れてみました。

少量を入れてスープを口に流し込むと、フーチバーの良い香りがして味が引き立ちます!

ただし、いくら美味しいからといって大量に入れ過ぎると、そば全体がフーチバー色になってしまい、取り返しのつかない事になってしますので、少しづつ様子を見ながら調整していった方がベターだと思います。

続いてジューシーをいただきます。

ネギがたっぷりですね。ネギ好きのわたしにはたまりません!

ここのジューシーはとてもアッサリしていて食べやすいです。

数ある沖縄そば屋に行きましたが、かなり上位に食い込むくらいのアッサリ具合。

ここまでアッサリしていて美味しいってなかなかないですよ!キノコと豚肉に柔らかな人参が入っていて、シャキシャキしたネギとの相性抜群!

いなりもとてもアッサリしていますが、中にシソとゴマが入っていてとても風味がよく、二口で完食してしましました。

油揚げも全く油っぽくなくて美味しいかったです!

今回初めていなりを食べましたが、「次回も絶対頼もう!」と心に決めるほどの美味しさ。

まとめ

今回すーまぬめぇを訪れて、「自分の中の沖縄そばランキング1位でも良いのではないか」というくらいその美味しさに酔いしれることができました。

これだけメニュー全体のクオリティーがあるお店は、なかなかないと思います!

体に良いフーチバーも無料で食べれるのも魅力ですね。

お昼時は観光客で賑わうので順番待ちをしなければならず、なかなか落ち着いて食べれませんが、11時〜12時頃までにお店に着くと、落ち着いてゆっくり食べられます。

写真は帰るときにお見送りをしてくれたシーサーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする