新宿・渋谷の近場で一人暮らし!家賃が安くて通勤に便利な穴場スポット!

こんにちは。東京で住居探しをしていた時に、迷いすぎてノイローゼになりかけたmasaです。

その時の状況はというと、もうリサーチしまくりの気になった場所があれば片っ端から現地に行って、スーパーや店舗等の利便性を調査したりしていました。

しかし、ストイックにやりすぎて「もう、引越しするの面倒臭い・・・」という状況に陥ってしまい。。

そこから救ってくれたのが、不動産屋で出会った素敵な物件でした。

その物件は新築なのにもかかわらずそこまで高くなく、何よりぼくの理想通りの立地。

都心からめちゃめちゃ近くて交通の便が良いにもかかわらず、とても静かな住宅街の中に佇む3F建てのマンション

静かといっても何もないわけではなく、飲食店やチェーン店、スーパー、コンビニなど程よい感じで存在していて、すぐ近くに大きな公園もあり、たくさんの人たちがピクニックをしていてとても気持ち良さそうでした。

ここに住みたい!!そう思ったぼくは「引越しするぞ!」という情熱を思い出し、その日のうちに不動産屋に「住みます!」と連絡をすることに。

その物件は、方南町と永福町のちょうど中間にありました。

新宿にすぐ行ける!方南町の魅力

方南町は新宿まですぐという交通の便が良いだけではなく、他にもたくさんの魅力があります。

ここに住んでも損はしないぞ!ということをわかっていただくためにも、方南町の良いところを紹介していきます。

新宿駅まで電車で10分

方南町駅は丸ノ内線の始発の駅です。

そのおかげで通勤ラッシュの混雑を避けることができ、座れる確率が高いので、朝のストレスは他の都心の駅と比べるとかなり少ないと思います。

何より新宿まで10分というアクセスの良さは、通勤を考えるとめちゃめちゃ楽です。

また、東京駅まで23分という早さなので、どこへ行くのにもアクセスしやすいですね。

※丸ノ内線路線図

画像引用元:http://www.tokyometro.jp/news/2009/2009-59.html

バスの便が豊富

KEIOバスから中野駅方面(乗車時間24分)と新宿駅西口方面(乗車時間23分)に向かう路線が出ています。

乗車時間も終点まで23〜24分ということを考えると、電車よりも朝の通勤に便利かもしれません。

実際にぼくもバスをよく利用していましたが、地下鉄使用時の階段の昇り降りがなく、ゆっくり座れるので、電車よりも使い勝手が良かったです。

また駅から歩いて3分の方南八幡通りというバス停からは、渋谷駅方面と阿佐ケ谷駅方面への路線が都営バスと京王バスから出ているので、職場の環境によってはかなり使えるのではないでしょうか。

家賃が安い

丸ノ内線の1ルーム家賃の平均相場が7.75万円に対して、方南町駅は6.7万円と1万円くらい安いです。

この数字は南阿佐ケ谷駅(6.5万円)の次に安い金額なので、立地を考えるとかなりの割安ではないでしょうか。

もちろん都心から離れれば、もっと割安な場所はたくさんあります。

ですが都心へののアクセスを考えるとこのコストパフォーマンスの良さは、他にはなかなかないのではないでしょうか。

買い物が便利

駅前にはスーパーのサミット、コンビニ、ドラッグストア、TUTAYA、飲食店等が軒を連ねていて、普段の生活で困ることはありません。

帰宅途中にスーパーに寄ってパパッと買い物できるので、駅から少し離れたところに居を構えたとしても、不便さを感じることはないでしょう。

「今日は炊事が面倒だから、外でご飯食べたいなぁ」という時でも、チェーン店からファミレス、食べログで高評価なラーメン店等、飲食店の種類が豊富なので、外食に困ることはなかったです。

特にぼくのお気に入りのお店が「中華蕎麦  蘭鋳(らんちゅう)」というラーメン屋さんで、このお店は駅から少し離れた所にありますが、ぼくが今まで食べてきたラーメンの中で一番美味しいと断言できるほどのクオリティー!

ぼくがイチオシの「味玉ラーメン」の写真です↓

平日でも必ず並んでいる有名店なので、一度足を運んでみることをオススメします。

「中華蕎麦  蘭鋳」を食べログで見る

治安が良い

これは住んでみてすぐに思いました。

ヤバそうな人や怖そうな人を見かけることもなく、家の周辺や駅前でも深夜に女性が一人で出歩いても問題なさそうです。

コンビニやスーパー等で会計のタイミングが被った時に譲ってくれたり、荷物を両手に持って店外へ出ようとするとドアを開けてくれたりと、住人の人たちは基本的に親切なので、荒れた街から引っ越してきたぼくにとっては良い意味で衝撃的でした。

ぼくは嫁さんと一緒に住んでいましたが、彼女も同じことを言っていたので、間違いないと思います。

渋谷にすぐ行ける!永福町の魅力

永福町は渋谷まですぐという交通の便が良いだけではなく、他にもたくさんの魅力があります。

ここに住んでも損しないぞ、ということをわかっていただくためにも、永福町の良いところを紹介していきます。

渋谷駅まで電車で16分、吉祥寺駅まで電車で14分

永福町駅は人気の高い井の頭線の駅です。

急行が停まるので、渋谷まで16分、吉祥寺まで14分とアクセスが良く、通勤通学にとても便利です。

よくその辺で遊ぶよという方にとっても、もってこいの街ではないでしょうか。

渋谷で飲み会の後に、乗り換えなしで16分で帰れるのはめちゃめちゃ楽でした。

※京王井の頭線路線図

画像引用元:http://https://www.keio.co.jp/train/station/station_map/index.html

終電を逃しても深夜バスがある

深夜バスは渋谷で夜な夜な飲み歩いていたぼくにとっては、かなり助かりました。

渋谷駅からAM1:15分に発車して17分程で永福町駅に着くこのバスは、値段は720円と割高ですが、タクシーに比べると全然安いので、「そろそろ終電だけどもう少し飲みたいなぁ」という時によく使っていました。

終電を逃しても深夜バスがあるので、心にゆとりができて楽しく飲むことができました(笑)

乗り場などの詳しい情報は、京王バス公式ページで確認できます。

家賃が安い

井の頭線の1ルーム家賃の平均相場が7万円に対して、永福町駅は6.6万円と4千円くらい安いです。

方南町よりも1千円安いので、学校が都心にある学生の方にとっても永福町は住みやすいのではないでしょうか。

買い物が便利

駅ビルや駅周辺は程よく栄えていますが、都会の圧迫感がなく居心地が良いです。

ただ、買い物するには駅ビルに入っているスーパーは割高なので、少し歩いたところにあるサミットを利用した方がいいでしょう。

他にも、コンビニ、ドラッグストア、飲食店等が軒を連ねているので普段の生活には困ることはありません。

ラーメンとイタリアンの有名店がある

飲食店は数多くありますが、有名店も中にはあります。

そのうちの一つが老舗の人気ラーメン店「永福町大勝軒」です。

一番人気の中華麺の画像です↓

熱々の煮干しスープに、ゆうに他店の2倍以上あるであろうボリュームのある麺が人気の秘訣で、味はかなり美味しいです。

ぼくも数え切れなくらいお店に足を運び、いつも満腹の苦しみと共に家まで帰ったのを思い出します(笑)

「永福町大勝軒」を食べログで見る

そして何と言っても、イタリンのお店「ラ・ピッコラ・ターヴォラ」と「マッシモッタヴィオ」という食べログでも常に高評価の2つの超有名店がここ永福町にはあります。

常に行列ができるほどの人気で、予約をしないと入れないと思った方がよいです。

どちらも本場さながらのナポリピッツァを出すお店で、特に「ラ・ピッコラ・ターヴォラ」は真のナポリピッツァ協会から東京で1番目に認定されたお店で、あのミシュランにも何回かのったことのあるお店です。

ぼく的にはどちらも同じくらい美味しかったので、日をまたいで二つのお店に行くことをオススメします。

ちなみに「ラ・ピッコラ・ターヴォラ」でピッツァを食べながら嫁さんが、「ここのお店が近いだけでも引っ越ししてきて良かった」としみじみ話していました。

食いしん坊な発言ですが、一度食事をしてみるとその気持ちわかると思います(笑)

本当に美味しかったピザの写真です↓

モチモチの生地にとろとろチーズが本当に合う!東京にいながら本場の味が楽しめるなんて、かなり贅沢ですよね。

「ラ・ピッコラ・ターヴォラ( La Piccola Tavola)」を食べログで見る

治安が良い

方南町と同様に永福町も治安は良いです。

深夜バスで駅前に降り立つと、女性一人でスタスタ歩いていく姿をたくさん見かけました。

歩いている方に警戒感がなかったので、安全な街なんだなと感じました。

そして駅前に交番があるので、更に安心感が増しました。

方南町駅と永福町駅を利用できる「いいとこどりの場所」

方南町と永福町の魅了を紹介してきましたが、どちらも利用できる場所があります。

実際にぼくもその場所に住んで、二つの町の恩恵を受けることができました。

その場所をお教えします。

方南通り沿いに住むべし

方南町駅前には「方南通り」という新宿まで一直線の道路が走っています。

その方南通り沿いで永福町駅寄りに住むと、どちらの駅も利用可能になります。

具体的に言うと、「大宮八幡入り口」交差点付近がちょうど方南町駅と永福町駅の中間地点になるので、その辺りに住むことをオススメします。

近くにはコンビニのセブンイレブンやファミリーマートがあります。

商店街も近くて、コインランドリー、ファミレス、オリジン弁当など生活に困ることはないです!

引っ越したばかりの頃はずいぶんオリジン弁当に助けられました(笑)

そして、ぼくが個人的にイチオシのお店は、「大宮八幡入り口」交差点にある日本茶屋さん「CHASEN」です。

このお店は飲食できるスペースがあり、まさに「おしゃれな和」という言葉がピッタリな、美味しくてヘルシーなメニュー達ばかり。

抹茶やほうじ茶をベースにしたパフェや、ソフトクリーム、おしることいったラインアップなので、年齢問わず女子は絶対好きだと思います!

嫁さんはメニューを見て目がハートになっていました(笑)

温かいお茶や冷たいほうじ茶などのメニューもあるので、甘いものが苦手な男性と一緒でも問題ありません。

テイクアウトすることもできるので、散歩しながら近くの公園で食べるのもオススメです。

ぼくのお気に入りは「ほうじ茶ラテのソフトクリーム」で、甘すぎずに本当に美味しい!

嫁さんの機嫌が悪い時に、機嫌を治すお土産としてよく利用させていただきました(笑)

茶葉の種類も豊富なので、年配の方へのお土産としても使えるのではないでしょうか。

「CHASEN」を食べログで見る。

どの駅にも徒歩12分、自転車なら7分で行ける

中間地点から駅までは距離にするとどちらも約900m〜1km程で、徒歩で12分、自転車だと7分程で行けます。

方南町駅と永福町駅のどちらの駅前にも駐輪場があるので、電車通勤をするのであれば自転車で通勤することをオススメします。

バス停まで徒歩1分

方南通り沿いにはバス停が短い間隔で点在していて、ぼくのマンションから最寄りのバス停までは1分という驚きの近さでした。

嫁さんは職場が西新宿だったので、寒さで駅まで歩くのが辛い朝などは、よくバスを利用していました。

ドアtoドアの時間も電車とそこまで変わらず、駅まで歩いたり地下に潜ったり昇ったりする必要がなく、かなり楽だと話していました。

中間地点は駅前と比べて家賃が安い

駅から1km程離れているので、その分家賃が安くなっています。

ぼくが住んでいたところは二人居住の1LDKの新築で、最新の仕様だったので11万円くらいでしたが、それでも都心の中では割安で、1Rで築10年〜ならかなり安い物件もあります。

中間地点からから少し離れたところにある物件で、築10年の1Rで5万円という破格の物件もありました。

駅周辺の不動産屋さんを何件か回れば、予算に合った物件が見つかると思います。

都庁を見渡せる大きな公園で優雅な朝食

方南通りを中に入ってすぐの所に、和田堀公園という都内屈指の大きな公園があります。

自然豊かで大きな池があり、釣り堀ができるお店もあるので、休みの日は近場でピクニックができます。

オススメは大宮八幡入り口から1〜2分くらい歩いた所にある、和田堀公園済美山運動場という公園で、そこからは都庁が見渡せます。

自宅から歩いて1分程で着く、自然豊かな公園で眺める都庁は格別でした。

ぼくは休みの日が来ると早起きして、近くのセブンイレブンでコーヒーとドーナツを買って、散歩がてら公園まで歩き、芝生に寝そべって都庁を眺めながら朝食を摂っていました。

都会で緩やかに流れる時間がとても贅沢に感じられて、今思い返してみても、あの頃の朝が一番素敵だったと思えます。

よく寝そべっていた芝生付近の写真です。

写真だとわかりづらいですが、都庁がハッキリ見えます↓

ただ一つだけ残念なことが・・・

嫁さんは朝が弱かったので、ほとんど一人で過ごしていました(笑)

和田堀公園の公式ホームページを見る

まとめ

この記事を書いていて、「方南通り沿いにもう一度住みたい!!」という強い思いが湧き上がってきました。

この場所にたどり着いたのは、ぼくの職場が渋谷方面、嫁さんの職場が新宿ということで、「どっちにもすぐ行ける場所を探そう」という経緯があったからです。

その他にも魅力的な要素はたくさんありますが、決め手は雰囲気の良さでした。

渋谷と新宿の両方に近い場所というのは他にもありますが、いろいろ見て回った結果、方南通り沿いが断トツで雰囲気が良かったです。

ぼくと嫁さんは普段なかなか意見が合わなくて、物事を決断するのにいつも苦労していましたが、この物件を決めた時だけはスムーズにいきました。

「将来もう一度、方南通り沿いに住もうね」といつも話し合っていて、それがぼくたち夫婦の目標の一つです。

今でも東京に行った時は、時間をみつけては方南通り沿いから和田堀公園を散歩したりしています。

もし現在、新宿・渋谷近辺で引越しを考えている方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする